■平成19年9号■ 第158号


9月のプログラム

時 間 プログラム 場 所
1(土) 午前10:00~11:00 わらべうたのつどい
大人も子どもも楽しみましょう
敬愛保育園
3(月) 午前9:30~11:30 ポコポコくらぶ(妊婦さんのつどい)
おしゃべりをして楽しいひとときを過ごしましょう。
敬愛保育園
4(火) 午前9:30~11:30 1歳児親子のつどい
お母さん同士お友達になりましょう。
敬愛保育園
5(水) 午前9:30~11:30 0歳児以上親子のつどい
食育についての話・離乳食の展示があります
敬愛保育園
6(木) 午前10:00~12:00 『子育て広場』ノープログラム
子どもの好きな遊びを用意して待っています。
福祉センター
ふれあい広場
11(火) 午前9:30~11:30 2歳児親子のつどい
保育園で楽しく過ごしましょう。
敬愛保育園
12(水) 午前9:30~11:30 0歳児以上親子のつどい
助産師の大山さんをかこんで楽しいおしゃべりを
しましょう。体重測定もできます。
敬愛保育園
13(木) 午前10:00~12:00 『子育て広場』・誕生会
親子のふれあい遊び・パネルシアター
福祉センター
ふれあい広場
18(火) 午前9:30~11:30 1歳児親子のつどい
お母さん同士お友達になりましょう。
敬愛保育園
20(木) 午前10:00~12:00 『子育て広場』ノープログラム
子どもの好きな遊びを用意して待っています。
福祉センター
ふれあい広場
21(金) 午前10:30~ 公園で遊ぼう!昼食の持参は自由です。
雨天時は敬愛保育園で遊びます。
金魚と鯉の里
広場(長洲)
26(水) 午前10:00~11:00 手作りおもちゃのつどい
動物の人形を作ります。
敬愛保育園
27(木) 午前10:00~12:00 『子育て広場』・誕生会
親子のふれあい遊び・パネルシアター
福祉センター
ふれあい広場
10/1 午前9:30~11:30 ポコポコくらぶ(妊婦さんのつどい) 敬愛保育園
10/4 午前10:00~12:00 子育て広場ノープログラム 福祉センター
10/9 午前9:30~11:30 1歳児親子のつどい 敬愛保育園
お知らせ
敬愛保育園では月~金曜日の9:00~14:00まで、メープル広場(自由遊び)・園庭開放を行っています。
  *但し、上記のプログラム以外の時間帯

戸外で遊ばれるときは、帽子・水筒を持ってこられると安心です!



26日(水)に『動物のお人形』を作ります。最近福祉センターである「子育て広場(ノープログラム)」でお布団に寝かせたり、おんぶしたりと大人気です♪みんなで一緒に作りましょう。
針と糸、綿をご持参ください。
と き:9月21日(金)
ところ:金魚と鯉の郷広場


*昼食の持参、解散は自由です。
*場所を知らない方は、敬愛保育園に10時までに来てください!
*雨天時は敬愛保育園にて10時~11時30分まで遊びます。

公園で楽しい時間を過ごしましょう。
水筒・帽子・着替えを忘れずに!



♪わらべうた♪

東京都日本橋
子どもたちに人気のわらべうたです。
 小さい子には子どもの手首を持って、おとながやってあげますが、大きくなれば、友だち同士で遊べます。


1歳児親子のつどいへ参加し、生まれて初めての大きなプールに大はしゃぎの娘。
その姿に、「こんな事もできる様になったのね…(^v^)♡」と目を細めて見ていました。数カ月前はありえなかったのに…。
娘は、とにかく初めての事をする時や慣れない場所では大泣き!
こっちが泣きたくなる事も多々ありましたが、めげずに「いつか慣れて笑顔が出る日がやってくる!」と思い、色々な会に、何でも参加し、私が楽しむ様にしていたらいつからか、私にしがみついていた娘は、パッと手を離し、トコトコと1人で皆の輪の中へ入っていきました。
8ヵ月頃は、人見知りのピークである人からは「大丈夫?」なんて言われ、とても傷ついた時もありました。
今、同じ様に悩んだり、心配しているママもいると思いますが、いつかはきっと良くなるんだ!っと自分の育児に自信を持って頑張りましょうネ!
 (南ママ)



我が子も順調に成長し、1歳10ヶ月。体も心も成長し、いつしかパパ大好きだった娘は、パパを無視する様になり、さらに機嫌が悪い時は、近づくだけで拒絶して大泣き。
さすがにパパも本気で落ち込む始末。これは私のパパに対する態度が悪いのかと反省し、ママはパパが大好きなんだというそぶりを見せる様に。
 外出の時ぐらいはパパに抱っこされるくらいまで仲良しになってほしいなぁ…。       
(あんなママ)

娘(1歳3ヵ月)は息子(3歳3ヵ月)のパンツがなぜか大好き!(帽子はきらいなのに、お兄ちゃんのパンツをかぶるのは大好きというくらい…(笑))
ある日、お兄ちゃんのパンツをタンスから持って来てお兄ちゃんの腰の前にひろげて履かせようとしていました。それだけでもおもしろい光景だというのに、お兄ちゃんは妹の肩につかまりパンツを履こうとしていました。お兄ちゃんに“プライドはないの?”と突っ込みたくなりましたが、なんともおかしい光景でした。
ちなみに妹は、お兄ちゃんを支えきれず後ろに何回も引っくり返ってました。
  (パンツママ♪)

 「誕生日の記憶」

一番上の子どもが生まれたとき、私は大学院の2年生、就職前の学生だった。お察しの通り、多少順番は間違えたが、後悔はしていないし、今思えば恐ろしいほど浅はかな覚悟もあった。その子の出産予定日は、平成11年7月19日。妻はいつも通りの様子で、指示されていた入院の身支度を始めた。しかし、陣痛の兆しも無く、いつもの診察のつもりで、病院へと一緒に向かうと、結果すでに子宮口が開いているという。私はその意味がよく分らないまま、妻の母へ連絡を入れた。
 実はその日、私は就職のための採用試験を翌日に控えており、その場所を離れなければならなかった。そう不安げな感じではなかったが、初産をまじかに控えて不安であっただろう妻をおいて病院を後にするのは、正直複雑な心境だったことを覚えている。しかしこの先、経済的に家族を支えていかなければならない私としては、是が非でも定職に就くことが最低必要条件であり、移動中の3時間、安産を願って車を走らせた。
 無事出産の知らせが届いたのは、その日の夜だった。宿泊先のビジネスホテルでその吉報を聞いた。妻の父からの電話だった。「母子ともに元気。女の子・・・」聞けば、なかなか陣痛がこずに、促進剤を投与しながらだったらしいが、安産だった。
 ちょうど夕食をとっていた私は、飲もうか飲みまいか悩んでいた生ビールを躊躇無く注文して一人で祝杯を挙げながら、ただ漠然とまだ見ぬ我が子の姿を勝手に想像しては、まだ泡の残った中ジョッキを飲み干した。そして、翌日の準備を済ませベットに横たえると、無事にお産を乗り越えた妻の色々な表情と明日会えるであろう我が子の姿が瞼の裏に浮かんでは消えていった。
 昨日食べた夕食のメニューも忘れてしまう私が、今でもついこの前のように覚えている娘の誕生日の記憶である。

 このとき生まれた娘は、現在小学2年生。元気に築山小学校に通っています。折しもこの原稿を書いている今日、娘は8歳になりました。改めて時の流れの早さに驚き、父親としての自覚を奮起させられる思いです。ときに、この日のエピソードを娘に話せる機会があればいいなと感じますが、今日も帰りが遅くなりそう・・・。世の中、思い通りにはいかないものです。トホホ・・・

 ファンファン11月号に続く・・・


ペンネーム マッチョなパパになりたい

立願寺子育て交流会
月日:9月15日(土)
場所:下立願寺公民館
時間:10:00~11:30
活動内容:
老人会との交流会
(歌とゲーム・抹茶サービス)

まろかキッズ
月日:9月8日(土)
場所:松木南公園
活動内容:
松木の夕べ(地元のお祭り)
*輪投げ大会・景品100名分有
糠峯キッズ
月日:9月21日(金)
場所:保健センター
時間:10:00~12:00
活動内容:
クッキング+食育

大浜子育て交流会
月日:9月8日(土)
場所:大浜ふれあいセンター
時間:10:00~12:00
活動内容: 折り紙遊び
伊倉子育て広場
『いくらちゃんであそぼ』
月日:9月21日(金)
時間:10:00~11:30
活動内容: 
 おしゃべり・おやつ作り

川床子育てサークル
月日:9月21日(金)
場所:保健センター
時間:10:00~12:00
活動内容:クッキング+食育
*糠峯キッズと合同交流会